【にせ熊】の由来
昔から胃腸薬の呼称として使われていました。
当地方では、富山の薬売りが配置薬として各家庭にこの「にせ熊」を配りお腹の調子の悪い時はいつも服用していました。
その時の「にせ熊」は黄檗(きはだ)の樹皮を煮詰めて、その液を固めたものでしたが、とにかく黒くて苦いというのが、当時の印象でした。
この度、当社で製造しているのは豚と牛の胆汁を煮詰めて、自然乾燥させたもので本物の「熊のえ」と成分は同様のものです。
いっさい手を加えずに、天然素材から造ったこの「にせ熊」は、可愛いペットの健康にお役立て出来るすぐれ物と確信しております。

にせ熊の特徴

この「にせ熊」は、当社が長年商品化に向けて研究を重ね、ペット用健康食品として平成11年11月に製造販売を開始致しました。   
豚・牛の胆のう(胆汁)を濃縮し固めたもので、一切添加物は使用していません。
この「にせ熊」は、天然素材からなる安全な自然食品で、消化酵素が入っているので消化促進にすぐれた効果があります。
 一つの「にせ熊」を製造するのに5頭分もの豚の胆のうを使用し、自然乾燥させるため約3ヶ月の時間をかけて製造します。
 また、動物胆は古くから健胃・消化・消炎・殺菌作用などがあるとして珍重され、多くの漢方薬にも使用されているものです。
にせ熊」の使用方法
 苦みが強いのでペットが飲みやすいように小さく砕き、食べ物等に混ぜて耳かき1杯分ぐらいを毎食時に与えて下さい。

にせ熊の安全性

試験検査成績書
検体名   胆汁(商品名「にせ熊」)
試験検査結果
一般生菌数 300以下/g (標準平板菌数測定法)
大腸菌群     陰性 (寒天平板法)
クロストリジウム属菌      陰性 (フィルムパウチ法)

平成11年11月16日    厚生大臣指定検査機関   

(社)長野県食品衛生協会
食品衛生研究所の試験結果