やまいちやの表紙を飾った写真たち〜2008

5・6撮影

日本一の宿場町 中山道 長野県塩尻市
奈良井宿(重要伝統的建造物群保存地区)
歴史的な建造物が数多く残っている奈良井宿の町並みは、
周辺の環境とともに保存する目的で、昭和53年(1978)に
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

連休の最後でしたので、人ごみもなくゆっくり回って歩くことができました。


駅横食べ処
屋根の上の石に驚きました。

奈良井宿の碑

味と技
ほうば巻、五平餅、地酒、奈良井土人形、
漆器、曲物、竹細工、漆櫛

奈良井宿街
中村邸→
天保の豪商中村利兵衛の屋敷
中村邸は、川崎市、日本民家園への移転が
決まっていたそうですが、
奈良井の地にあってこそ!と、
官・民・学関係者が一体となり継承、維持の努力が
始まったそうです。

→水場
山の湧水がひかれた水場は
夏でも冷たい水であふれています。

奈良井地区選定の碑

お土産やさん、甘味、食事処
店前は綺麗に飾られています。

鎮神社

←鎮(しずめ)神社
その昔、疫病に苦しむ奈良井の人々が
下総香取神社よりご神体を迎えて
病を沈めたことから、その名が起こりました。


→二百地蔵
八幡神社前の杉並木を抜けた左手の斜面に、
静かにたたずむ石仏群があります。
二百体を超える石仏の素朴で豊かな表情が
見られます。

二百地蔵

専念寺鐘付き堂

専念寺

木曽路

楢川道の駅


HPへ
写真マップ